設備保全の為の送電用鉄塔塗装工事のスペシャリストです

 当社は送電用鉄塔の老朽化に伴う防錆塗装工事を計画から施工まで一貫して実施し、送電設備の保全と電力の安定供給に重要な役割を担い社会に貢献しております。
 防錆塗装工事とは老化した塗膜の剥離および鉄塔鋼材表面の錆びを除去(ケレン)した後に、塗料を二重または三重に塗り、防錆機能の向上を図るもので、地方系送電線(66kV)~UHV送電線(1000kV設計)に至るまで幅広い塗装工事を手掛けております。

会社概要

社名株式会社TPS湘南
所在地神奈川県藤沢市西俣野453番地の1
設立平成24年6月27日
資本金2000万円
許可神奈川県知事 許可(特-29)第78430号
業種塗装工事
電気工事
とび・土木工事
特定労働者派遣業
事務代行業
取引銀行横浜銀行 藤沢中央支店
役員
代表取締役 社長藤木 實
取締役島袋 直司
取締役寺司 一利
監査役山田 裕一
小田急江ノ島線「六会日大前駅」下車 徒歩20分。


大きな地図で見る

社長挨拶

 弊社は平成24年、送電線の鉄塔部材取替えに伴う鉄塔塗装に対処するため、湘南送電工事株式会社を母体に、志しを同じくする工事協力会社の賛同を得て、電工と塗装工の技をもつ施工班が鉄塔塗装を行う新会社、株式会社TPS湘南を設立致しました。
 鉄塔塗装は電力会社の送電鉄塔を主体に通信会社の無線鉄塔等の塗装を実施しておりますが、高所での作業となるため安全には高度な技術が必要となります。
 弊社は設立まもない若い会社ですが、安全意識は高く今まで培ってきた経験と英知を結集し、公共性の高い送電事業の使命である電力の安定供給に少しでも貢献できるよう、日々の技術を磨き安全で確実な施工によって、お客様からご満足いただける企業を目指し邁進しております。
 今後の鉄塔塗装工事の増大に対処するため、弊社の発展に共に参画して頂ける意欲ある人材が仲間に加わって頂けることを期待しております。




代表取締役 藤木 實


事業内容

私たちは『電力の安全かつ安定供給』のスペシャリストです



鉄塔塗装工事

送電用鉄塔の老朽化に伴う防錆塗装工事は電力の安定供給の為、非常に重要な作業です。高所での作業はエキスパートであるわが社の得意とするところです。

送電線建設工事・保守

日本全国津々浦々まで66kV送電線から1000kV(UHV)送電線まで幅広い建設ならびに保守工事を手がけています。

土木工事

電力の安全かつ安定供給の為には、さまざまな地形、気象条件に応じた高品質の土木工事も重要な要素となります。


業務の流れ

工事を受注すると、現地の事前調査結果に基づき施工計画書を作成し、資機材と作業員の手配・確保を行い、工事着工後には安全施工管理と進捗管理を行います。

施工計画の作成

工程会議実施状況

乗り込み教育

養生設置状況

養生設置状況

施工完了


若手現場代理人の紹介

ご紹介するのは竹内亮太現場代理人(写真左)です。
竹内代人は2年前に親会社の湘南送電工事㈱から、TPS湘南に 転籍後 土木施工管理技士2 級の実力を買われ現場代理人を任さ れ活躍しています。
担当する現場は横浜火力北線。
東京湾沿岸で発電された電気を神奈川県東部へ送る送電線の 塗装工事です。
竹内代人:「塗装の手順には主に古い塗装膜と錆を落とすケレン、 錆止め剤を塗る下塗り、仕上げの塗料を塗る上塗りという 3つの段階があり、今日は鉄塔を航空標識のため紅白に塗り分ける 上塗りを行っています。」
№14鉄塔は太いパイプで組まれた特殊な形の鉄塔。 高さ60Mを越える鉄塔は航空法で上から順に紅白に 7等分して塗り分けることが定められています。






協力会社の作業員さん約20名は軽々と鉄塔にあがり 細い部材の上も難無く移動しながら上塗り開始。
驚いたのはその塗りの技術。
これだけ大きな鉄塔をわずか数センチほどの幅しかない 小さなハケで塗っていくのです。
それもただ塗ればいいのではなく、規格にはペンキの厚みまで 指定されており、熟達した作業員さんはハケの感触で厚みを 感じ取っているそうです。
シンナーと混ぜられた塗料はすぐに硬化が始まるため、 使える寿命は3時間ほど。それも気温や湿度によって変化するので その時々の環境に合わせた素早く丁寧な塗装技術が求められます。

竹内代人:「塗りの作業については協力会社さんを信頼して 全てお任せしています。
TPS湘南は塗装工事の管理会社ですが、塗装管理は奥が深い。 鉄塔ごとに使う資材、やり方が違うんです。
例えば今回の鉄塔は上の方は足場となるステップボルトが ついていないのですが、手が届きにくいところをどうやって塗るか、 使う道具を変えればもっといいやり方があった。 
そういうところまで気を配れなかったという意味で、 いい勉強になりました。」
現場では塗料が飛散するのを防止するため緑色のネットで鉄塔をすっぽり覆い、その中で作業をしていますが 周辺の車両にはさらにビニールカバーをかぶせ、 飛散防止対策を行っています。 

竹内代人:「現場では近隣の住民の方々など 第三者にご迷惑を掛けないように気を遣っています。」
現場代理人になって一番変わったことは?との質問には、 「現場収支の管理で、赤字にならないようにコントロールする のがもう頭が痛い! でも、湘南送電工事で技術員をしていた時に先輩から教えて もらったことも多く、今その時の知識が生きていると 思います。」

まだ20代の現場代理人、これからが楽しみです。

(取材・編集:安本)


採用情報

職務内容鉄塔防錆塗装工事の管理業務(施工計画・安全管理・データ整備)
初任給当社規定による
諸手当通勤手当、現場手当、その他
昇給年1回
賞与年度末の業績により年度末一時金支給
勤務時間平日 8:30~17:30
休日休暇原則は土・日(但し天候により左右されます。)、年次有給休暇
福利厚生加入保険:健康、厚生、雇用、労災、中退共(退職金制度)、 独身寮、永年勤続表彰制度
就業場所主に東京電力管内(関東近県への出張あり)
その他高所作業経験者優遇
採用に関するお問合せ 電話 0466-83-1177
お問合せフォーム

和気あいあいとした楽しい職場です。!

ページの先頭へもどる